こんにちは、マスミ鞄嚢です。
2度目の緊急事態宣言発出で、なかなか出口が見えてこない状況ですが、
個人として出来る限りの対策をしようと、気を引き締め直した今日この頃です。

さて、コロナの感染予防対策として定着している消毒用アルコールを用いた手の消毒ですが、
革バッグをはじめとする革製品をお持ちの方は少し注意をしてください。

消毒用のアルコールは非常に強いため、革製品に付着すると上の写真のように
革の変色や変質を起こす恐れがあるんです。
しかも一度、変色や変質を起こしてしまうと、その革は基本的に元には戻りません。
修理する場合でも、専門の業者で似たような色を上から塗るなどの方法しかないので、
十分にお気を付けください。
入り口などでアルコール消毒した際は、手についたアルコールが飛び散らないように注意し、
完全に乾くまでしっかりと手をこすり合わせてください。

 

お奨めのメンテナンス用品です。
消毒アルコールを完全に防ぐことはできませんが、日々のメンテナンスで
革の対応年数は上昇しますので、革製品をお使いの際は、こまめなメンテナンスを
お奨めいたします。