お客様のご厚意により、掲載許可を頂きましたので、先日お引き渡しが完了いたしましたドイツシュリンクを使ったパイロットケースのご紹介させていただきます。

パイロットケース」は別名「フライトケース」とも呼ばれ、元々は飛行機を操縦する機長がフライトの際に航空図や日誌などを持ち運びするものでしたが、その機能性の高さから一般のビジネスパーソンにも人気のアイテムです。しっかりとした箱型なので、書類や書籍の角潰れが軽減されます。

OEM等で製作する場合は、均一で生真面目な印象を受ける皮革を使用することが多いですが、今回のオーダーは外装にマット仕上げでシボ感が強調された柔らかみのあるシュリンク加工革、内装にはピスタチオと名付けられた淡いグリーンの綿布を使用。堅牢性・機能性に遊び心がプラスされ、お洒落なビジネスアイテムに仕上がりました。これぞオーダーメイドの良さですね。

末永くご愛用くださいますと幸いです。

 

(Data)

外装:ドイツ製シュリンク

内装:綿ツイル

サイズ:480×355×160

 

 

 

オーダーメイドバッグのお問い合わせ

オーダーの流れページをご覧ください。

 

YouTubeにて公開中

マスミ鞄嚢チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCGG6FR-HwX6EI_gr7EwNvcw