戦時中に作られた サメ革の鞄です。サメ[:びっくり:]そうです!海にいる鮫、シャークのことです。写真で見ると、硬そうでごわごわしてコワい感じですよね。でも、実際はとても味わいがあって、ステキなんですよ。
 戦時中は牛革が配給制で手に入りにくく、海の鮫を使う事を考えたようです。もちろん耐水性は抜群(当たり前ですね)、強度もあり、鞄に向いていたんですね。
 当時は仕方なく使わざるを得なかったシャークですが、最近ではとても高級品です。耐水性、強度があり、独特のシボが個性的で、持つほどに柔らかくなり愛着が湧くのです。
 色々な素材に挑戦し続けているmasumiです。素材の取り合わせの意外性、素材そのものの希少価値・・・、それらがワンランク上の鞄をお求めになりたい方々のニーズにお応えし、喜んで頂いております。
 Masumiの鞄を持つことで、ちょっとお洒落している気分になれたり、豊かな気持ちになって頂けたらと思います。手に馴染んで、愛おしいと思って頂ける鞄をめざしています。
「豊岡鞄」「マリオネット・ジョンソン」の詳細・購入はかばんとアルミケース masumi
「アルミケース、トランク」の詳細・購入はアルミケースのマスミ
「豊岡鞄」「マリオネット・ジョンソン」の詳細・購入は豊岡鞄オフィシャルホームページ