先日、新幹線のぞみ500系の引退が報道されていましたね。熱心な撮り鉄がホームに押し寄せていました。撮り鉄たちはマナーが大切とか、最近はマナーを心得ない人がいて困ると話す撮り鉄もいました。どうあれ、プラットフォームは人であふれ、JR職員がロープを張って警護にあたっていました。
  その様子を見て思い出しました。昔、masumi では“旗入れ”ケースを作っていました。幼い頃から「旗入れ、旗入れ」と聞いていたので、耳から離れないのです。それほど、たくさん作ってきたのでしょう。私も何の旗入れなのかわからずにいましたが、上京してビックリ! 山手線のホームにそのケースを持った人が立っているではありませんか! そうです、駅員さんの合図用の旗を入れるケースだったのです。今ではホームに駅員さんもチラホラ、安全確認も旗でなく、ハイテク化されているのでしょうね。旗で合図なんて、いい時代だったなって思います。
「豊岡鞄」「マリオネット・ジョンソン」の詳細・購入はかばんとアルミケース masumi
「アルミケース、トランク」の詳細・購入はアルミケースのマスミ
「豊岡鞄」「マリオネット・ジョンソン」の詳細・購入は豊岡鞄オフィシャルホームページ